事前に住宅診断をして安心のマイホームを手に入れよう!

新居にも選択肢が複数ある

住宅を購入して新居を手に入れるなら、その選択肢も複数あります。賃貸か購入か、新築か中古か、マンションか戸建てなのかでも条件などが変わってきます。その中で、新築同じ一戸建てでも新築・中古の違いを比較してみました。

どっちがいいの?新築一戸建てor 中古一戸建て

新築一戸建て

新築物件の場合、予算は大きくなりますが、基礎作りの段階から関わっていけるので、作りや耐震強度など自分で確認をしながら住宅を作っていくことができます。

中古一戸建て

中古の場合は、価格が低価格なことに加え、比較的物件の数が多くなります。注意点としては、築年数の経過に関わらず、住宅の耐震性などを確認しておく必要があります。

事前に住宅診断をして安心のマイホームを手に入れよう!

模型

住宅購入で後悔しないために

新たに住宅購入の計画を進めているなら、契約前にやっておきたいのが「住宅診断」です。特に中古の物件なら、購入して住み始めてから住宅の欠陥や不具合、住みにくさを感じてしまわないためにも診断してもらうようにしましょう。

積み木

購入前に不安に感じること

中古住宅を購入するなら、メリットも多数ありますが、強度に対しての不安もあります。まずは今の傷み具合・どれくらい住み続けることができるかを知る必要があります。また、わかりづらい部分が劣化していた為に、購入後の予想外の出費に対する不安もあります。

電卓とお金

住宅診断の必要性とは

住宅診断は、その住宅の状態をチェックし、修繕や補強が必要な個所をチェックします。中古住宅などの場合はそれをもとに家の補強やリフォームを行うことで、安心して入居することができます。購入前の不安を解決するためにも、ぜひ住宅診断を受けましょう。

おもちゃ

中古と新築で異なってくるもの

住宅を購入する時はある程度大きな予算を立てることになりますが、中古と新築では住宅ローンの控除に関しても違いが生じてきます。保証内容なども異なりますので、予め確認をしておきましょう。

広告募集中